大阪梅田・阪急百貨店コンコースウインドウギャラリー

コスチュームデザインコース卒業生でテキスタイルコスチューム作家として活動をしている明石麻理子さんが、大阪梅田の阪急百貨店ウインドウギャラリーのアーティスト企画で1ヶ月間、作品を展示されました。

”Sparkle” Mariko AKASHI

阪急百貨店の春のウインドウギャラリー企画「HAPPY COMMUNICATION 〜大切な人と奏でようGOOD HARMONY〜」は、選ばれた7人のアーティストが各ウインドウを飾っていくというもの。

コスチュームデザインコース卒業後、作家活動を始め、年に一回の個展やグループ展を続け今回の企画に抜擢されました。
ドレスやワンピース、浴衣やショールなどのコスチューム作品から空間を覆うようなインスタレーション、絵画のような壁面作品や人体を模したような立体作品、テーブルにおけるオブジェからアクセサリーに至るまで、ひとつの技法とテクスチャーを幅広く展開しながらも一貫した世界観を発信し続けています。

過去作品 コスチューム、アクセサリーからアート作品まで

■インスタグラム
https://www.instagram.com/kokoiro_art/

■ツイッター
https://twitter.com/ma18u028rq

■阪急百貨店コンコースウインドウギャラリー・アーカイブ
https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/window/index.html