お茶の京都博のイベント「一坪茶室」が3/2・3/3宇治で開催されています。
京都南部の12市町村と12の大学が共同で茶室を作るというもので、成安造形大学は木津川市とコラボレーション、市が作った移動屋台「キヅガワゴン」を使用し、木津川市の自然に融け込む茶室を制作しました。
このプロジェクトは、空間デザイン領域の住環境デザイン、プロダクトデザイン、コスチュームデザインの2年生6名が取り組みました。
朧庵_180304_0004

宇治の福寿園宇治茶工房前で展示しています。
DSC08325

茶室に入って見上げると幾何学模様
DSC08337

 

 

木漏れ日が畳に
朧庵_180304_0009

木津川市のリクエストで「キヅガワゴン」組み合わせ、棚とする

朧庵_180304_0008

花入れ
名称未設定 4

イメージスケッチ
ドーム_170929_0024

スケールモデル
90%pars2

3Dにて検討
作業風景的な、_180301_0029

制作風景:三角形のユニットを組み合わせる
作業風景的な、_180301_0051

作業風景:組み上げ
名称未設定 5

木津川市恭仁京跡にて展示
5027B9D8-63C4-4301-8061-FA5BD3E4B6A9