Category Archive: テキスタイルアート

「世界で一枚のシャツ」展に、在学生と卒業生が出品

「世界で一枚のシャツをつくってください」という一枚の手紙から始まる展覧会。
ファッションデザイナー、コスチュームアーティスト、バッグデザイナーといった服飾のクリエイターだけでなく、陶芸やガラスの作家、画家や立体造形作家といった幅広いジャンルの作家による、多様な〈返事〉を一同に展示する企画展です。どんな作品が集まる空間になるかは誰も予想がつかないこの展覧会に、成安造形大学の在校生と卒業生が出品することになりました。
ファッションデザインコース、テキスタイルアートコース、コスチュームデザインコース、プロダクトデザインコースの卒業生であり、作家として活動をしている若手クリエイターが、「世界で一枚のシャツ」を提案します。

世界で一枚のシャツ展

2020年 3月7日(土)~3月29日(日)
am11:00〜pm5:00( 月・火曜 定休日)
ギャラリー・サラ
http://www.gallery-sala.jp
入場無料

============
「世界で一枚のシャツを作ってください」という手紙を
様々なジャンルのクリエイターにお届けすることから始まる展覧会。
「シャツ」というキーワードを糸口にデザインとアート、
手工芸と科学を往来するような、
新たな時代の春を迎える企画になればと思います。
============

※初日に予定されていたオープニングイベント(ミニファッションショーと現代音楽パフォーマンス)は中止となりました。

連続講座:ROGGYKEIのお二人をお招きしました

12月14日(土)ファッションデザイナー「ROGGYKEI」のお二方をお招きし講義を開いていただきました。
ファッションデザインの魅力や講師のお二方のお仕事の話など学生にとって興味深い話を多くの聞かせていただきました。

ROGGYKEI:http://roggykei.com

興梠 仁(こうろぎ ひとし / 京都生まれ)と景子(神戸生まれ)は大阪を拠点に活動するデザイナーデュオ。 共にインポートセレクトショップ、ストリートセレクトショップ、古着屋などで働いた後、大阪ファッションデザイン専門学校の社会人コースでパターンメイキングを学び、パターン検定2級、3級を取得。衣服は着る人の考え方や社会を反映させるコミュニュケーションツールであると考え、地球、社会の輪の中に存在しているという意味を表現したサークルシルエットを主としている。パリファッションウィークにて展示会形式で発表するコレクション以外にも、国内外のアーティストへの依頼制作や、ホテル、カフェ、和菓子店、洋菓子店、プロバスケットチームなどのユニフォームデザインも手がける。現在、コンセプトショップ兼アトリエを大阪中之島に構えている。

非常勤講師出品のお知らせ

空間デザイン領域非常勤講師の林塔子先生が以下の展覧会に出品されています。

ART & LIFE Ⅱ ー 芸術と生活 ー
陶・ファイバー・金属・漆・ガラス
2019. 11.19 (火曜日) ~ 12.15 (日曜日)月曜休廊
11:00 – 18:00(最終日16:00)

会場:JARFO京・文博
〒604-8183
京都府京都市中京区東片町中京区東片町623-1
京都府京都文化博物館別館


コスチュームデザインコース4年生、内野菜摘さん「YKKファスニングアワード」ファッショングッズ部門優秀賞受賞!

コスチュームデザインコース4年生 内野菜摘(うちのなつみ)さん
グッズ部門優秀賞受賞作品「HEXAGON / SHRINK」(バッグ)

コスチュームデザインコース4年生の内野菜摘(うちのなつみ)さんが、第19回(2019年度)YKKファスニングアワードのファッショングッズ部門において、バッグ作品「HEXAGON / SHRINK」で優秀賞(準グランプリ)を受賞しました。

「YKKファスニングアワード」は、ファスナー・面ファスナー・バックル・スナップ&ボタンなどの”ファスニング商品”に焦点を当てた、学生対象のユニークなファッションコンテストです。
今年の応募総数は、全国57校より6,486点。グッズ部門では、応募総数1,446点のデザイン画から最終的に10点に絞り込まれ、実作品による最終審査に挑みました。

内野さんは1年生時からバッグ制作に力を入れており、2年生から続けている幾何学デザインと融合させて、3年生では正六角形を展開させたコレクションとバッグを発表(2019年2月)。

“HEXAGON COLLECTION” by Natsumi UCHINO
SEIAN COLLECTION 2019(2019年2月)京都文化博物館にて

続いて、シリーズを発展させ今回のヘキサゴンバッグの完成に至りました。
六角形の構成に面ファスナーを使用し、内容量を変化できるバッグパックです。
多くの試作と失敗を繰り返しながらも試行錯誤を重ね、長年の透徹した研究姿勢が実を結びました。おめでとうございます!

内野さんはこのコンペティションと同時進行で、ギャラリーでの作品販売やインターンシップ先のバッグ会社で新デザインを発表するなど、学外でも精力的に活動し作品発表の場を拡げています。
現在は、2020年2月24日~25日に予定している京都ロームシアターでの卒業制作コレクションの発表に向けて、最新作を製作中!
是非、会場でもご覧ください。

■YKKファスニングアワード2019ホームページ
こちらで受賞作品写真、審査員総評などをご覧いただけます。
https://www.ykk.co.jp/fa/award/result/#r03

卒業生|展覧会のお知らせ

テキスタイルアート卒業生の村上恵さんが展覧会に参加します。

「TEXTILE EXHIBITION 縫い展2019」
2019年12月10日(火)〜12月22日(日)
15:00〜19:00(最終日18:00まで/月曜休廊)
会場:ArtSpotKorin

-同時開催-
2019年12月3日(火)〜12月8日(日)
会場:ギャラリーマロニエ5F

トップに戻る