Category Archive: 住環境デザイン

空間デザイン領域 連続講座(公開型) メディアアーティスト LEDコスチューム藤本実さん講演会

F780A7DD-7389-4527-BCE9-661B3BE3CFF4D6EB0DB7-F6A1-4652-855F-BF111FBE2272DD29D73C-B5AD-4D78-8BE2-EA7D1870247811月18日(土)の空間デザイン領域主催の公開講座にて、特別講師としてダンスエンターテイメントのLEDコスチュームをデザイン・制作されているメディアアーティスト、藤本実氏(mplusplus株式会社代表)をお招きします。

EXILE、三代目J Soul Brothers、E-girlsのツアーや紅白歌合戦でのステージで、LEDを組み込んだコスチュームでダンスパフォーマンスの可能性を拡大する作品を多く制作されています。

「mplusplus株式会社は、舞台・ライブパフォーマンス・空間デザインにおいて、アーティストが表現したいことを実現させるだけでなく「安定性・耐久性」に主眼をおいて開発・製造を行う会社です。研究段階においてプロトタイプで実現した新しい技術を実際に舞台や空間デザインで用いる場合、その信頼性が重要な鍵となります。研究者でありつつ、パフォーマーとして活動を続けてきた藤本実の下に、ハードウェア設計・プログラミングを行なう人材が集結し、新しい技術を見せるだけで満足することなく、技術が演出の1つとして溶け込むモノづくりを目指します。」
(会社ホームページより)

今回は、ご自身がダンサーでもあり研究者でもある経歴からウェアラブルコンピューター=ダンスコスチュームの開発に至った経緯から、ステージでの空間デザインのポイント、最新の作品のデモンストレーションまで幅広くご紹介いただきます。

■日時
11月18日(土曜日)
14:00~15:30
■場所
成安造形大学 i棟1階プレゼンルーム
■対象
学生を中心に一般の方も参加して頂ける公開講座といしています。お声かけの上、奮ってご参加ください。

■講師プロフィール
藤本 実(ふじもとみのる):メディアアーティスト
1983 年生まれ 兵庫県出身。
mplusplus株式会社代表取締役社長。
2012 年神戸大学大学院において博士(工学)を取得
東京工科大学での教員経験を経て、2013 年にmplusplus 株式会社を設立。
自らがダンサーであるという特徴を活かし、ライブパフォーマンスにおいて新しい表現を可能とするシステム開発・舞台演出・空間デザインを行っている。2010 年に IPA よりスーパークリエータとして認定、Ars Electronica や Edinburgh Festival Fringe 参加など研究者 、メディアアーティストとして 幅広い活動を行っている 。

WEB PAGE:
http://www.mplpl.com

 

おごと温泉プロジェクト

9月15日(金)

おごと温泉プロジェクトの最終プレゼンテーションが開かれました。

今年で3回目となるおごと温泉プロジェクト。

学年・クラスを問わず、今回も様々な視点での発案がありました。

_MG_6911②

_MG_6888②

_MG_6906②

_MG_6963②

 

 

おごと温泉プロジェクト

6月27日(火)

おごと温泉プロジェクトの中間プレゼンテーションが開かれました。

おごと温泉観光協会の方々をお招きし、緊張感ある 発表を行いました。

p_MG_4330

p_MG_4333

p_MG_5565

p_MG_5597

 

 

学生専用アパートメント「YOHAKU」

6月23日(金)

成安造形大学学生用アパートメント「YOHAKU」B棟の現場見学会が開かれました。

 

DSC06848(加工 小)

P1440196(小)

DSC06832(小)

DSC06857(小)

DSC06854(小)

IMG_1901(小)

 

 

 

加藤翠子さん、ASPaC Awards2016 日本・アジア学生パッケージデザインコンペティションにて佳作受賞

住環境デザインコースの加藤翠子さんのデザインが、

ASPaC Awards2016 日本・アジア学生パッケージデザインコンペティションにて佳作に選ばれました。

unnamed2

unnamed

【作品情報】

応募作品名:おかきのわれ芽

作品コンセプト:古風なパッケージデザインがされがちであるおかきを、現代でも通用するようなお洒落なパッケージにデザインし直すことで、おかきという日本を代表する昔ながらのお菓子が世界でも注目される存在になってくれればと思いパッケージデザインをしました。一枚一枚異なる表情を見せるおかきの凸凹や割れ目を唯一無二の美しい個性とみなし、その割れ目を生かしてそこから水々しい植物の芽が生え伸びているというデザインにしました。

【受賞情報】
ASPaC Awards2016 日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション 佳作

トップに戻る